FC2ブログ
入口 > 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒の覚へ書き

2014-10-13
最近の若者は酒を飲まない。
なんて言葉を聞く事がある。酒も飲まないからつまんない、真面目だねぇという言葉。

まぁ自分は酒も嗜む、というより苦しくなるほど飲み続けるタイプの人間だから、直接言われた事も無いし、
周りももしかしたら偶然なのかもしれないが、飲む人々に囲まれているので、ちょっとその意見の範囲からはズレた所にいると思う。

でも、確かに昔の人よりも飲まない気がする。

ただ、この手の問題は、多面的な事が多い。

若者が飲めない(飲まない)理由。

単純に、リスクの方がメリットより多いからなんじゃないか。
酒を一人で覚えたって人はあまり聞いた事が無い。
付き合いで、憧れで、なんにせよ酒がいいもんだと、美味いと感じる場が、そう感じさせてくれた人が居るから人は酒を嗜むようになると思う。
で、やはりそれは人生の諸先輩方から学ぶものじゃないか。

自分は社会人一年目なのだけれど、会社の飲み会とかに憧れがあった。
やれ手酌させるなだの、酒の席でのマナーがめんどくさい、あぁめんどくさいみたいな事をいいながらも、
ついつい宴会に行ってしまい、そこから大人の酒の嗜み方とか、上司の本音とか、愚痴とか、聞くって言うのを期待していた。

実際あんまりそういう機会は無い。
うちの会社が特殊なのかもしれないけど、でも世の中もそういう流れなんだろうと思う。
ハイボールが流行って、日本酒が廃れ、ビールを発泡酒に変えろと妻に強いられる大人が増えているって言うじゃないか。
仕事が終わっても、家庭があると言って、飲みにも連れっててくれない。
それでいて、若いうちに遊んどけよ〜とか、若いんだから飲めるだろって言う。

そうじゃないだろ
そうじゃないだろ

いや、別に奢れとか、飲みにつれてけ!みたいな事じゃないけど、
酒の楽しみを知ってる人が、下のやつにそれを伝えないのに、若者の酒離れみたいな事を言うのはおかしい。
だって今の時代、酒を飲める給料も貰えない、時間も無い、経費からも落ちない。
バイトなんかなら尚更だ。
若者は金がない。
学生ならまだしも、時間もない(これに関しては忙しいからって遊ばないっていう言い訳は若者が悪いと思うけど)。
そりゃ酒なんか飲まなくなるわな。

若い人に遊べって大人は、一見理解があるように見えて、その実あまり教える気が無いんじゃないかって思うんだよな。まぁ誰もそりゃ他人の事なんかにかまってる暇も時間もないと思うけど、
でも身を削って、時間も作って、酒も飲んで、遊ぶってのが愛なんじゃないのかね。

遊べといいつつ明日の事を考えろって言ってくる。

ムカつくから俺は遊ぶけど。

つべこべ言うんじゃないよ全く。いい事なんかほとんど無いんだから、遊ばせろよ。

全く、、、何がいいたいかわかんなくなってきたけど、
とりあえず私はお酒を愛しています。
飲みたいです。笑

酩酊して生きていたい。
スポンサーサイト

どうしようもないわけがない

2014-04-30
自分が思っている暗くてどす黒くて言葉にならない、
一歩間違えれば犯罪でも犯してしまいそうな感情を、
抑えるため、いや、変換していく為に創造行為や、和太鼓があるのは当然自覚している。

けれども最近ひどく自分の行動に違和感を感じている。

和太鼓って何だとか生きてるって何だみたいなありきたりの事でも漠然としたことでもなく、
結構はっきり目星はついている。

最近大学を卒業した。

それで働き始めた。自分の好きな事が出来る業界だ。仕事内容も不満は特にない。

だけどそこにある人間の感情が、好きな業界にも関わらず人として理解出来ない言動を取る人が多い。
なんで?なんでみんなそんなに優しさや思いやりの無い言葉が平気で吐けるのだろう。
なんで?もっと笑ったりしていいんじゃないの。
それが大人になるってこと?プロフェッショナルってそういうもんなの?
金稼ぐにはそうならないといけないのか?

ハングリーじゃないと、ギラギラしてないと生き残れないのか。
優しい人間は淘汰されていくのか。

口が達者な人間が蔓延ってゆき、腕っ節がある人間が生き残ってくのか。


そういう世界に自分も身を置いてるという自覚があって、自分が自分で許せないような人間に
日がな近づいてゆくのがわかる。
二律背反の感情の中で蠢いているこうありたいという所と、こうあるべきと無言の強要の中で迫られて仕方なくそうしてしまう部分が、今の自分を形成している。

仕事中に能面の様な顔をしている。

これは今の日本人は感じているのかな。
バイトの俺ですら感じているのだから正社員なんかすごいんだろうな。
こんな感覚、初めて知った。知らなかった。

これを乗り越えないとお金が稼げない国なら日本は末期だ。
この感覚を大多数が感じていないのなら日本は末期だ。


これに押しつぶされて創造活動をやめて実家に帰るって未来も見えている。
その程度の人間でしかないかもしれないって感覚が今の自分を貫いていて
そんな気持ちが渦巻く中での行動なんだから
そりゃ最近の自分に違和感を感じる訳だ。

嗚呼、しかしながら残りの10%ほど残っている、
『俺がやらなきゃ誰がやる』という感情だけが今、唯一の光で
それを紡いで、自分の気概を貫いていくしかない。

なにより、自分の許せない人間に負けたくはない。







絶命させられるとしたら、優しい人間に殺されたい。

残り香

2013-09-17
BUTMhm-CUAEYwad.jpg


台風も過ぎて、朝あれだけの荒天が嘘の様に気持ちのよい風が夕方からは吹いた。
空も夕暮れ時に全ての色を含んだような表情を見せていた。

今回の台風は秋を運んで来たようです。

夜風が昨日までと打って変わって秋のひんやりとした感触。

Twitterで友達が何人かこの風に反応している。外に出てみるとなるほど、この匂いはいろいろと思い出す。
去年の事はもちろん、高校の時の事とか、受験してた頃の事とか。

友達が煙草の味が今日は違うと言っていた。
僕は結構気分によって煙草を変える、大体毎年変わってるんじゃないかな。今はお金がないからechoだけど、去年はLucky Strikeだった。早く稼いで戻したい。。。

なので長年同じ煙草を吸ってる人のそういう感じ方はわからなくて、ちょっと損した気分になった。
そうか、煙草の味でも季節は感じるのか・・・

そうだ、昔、あの頃吸っていた煙草を吸えば、あの時期の事を思い出すのかもしれない‥・!

そう思って、自分が最初に吸い始めたMarlboroを買ってみた。昔吸っていた銀色のウルトラライト(銀マル)はもうなかった、というかいろいろ変わってたので、金マルを買った。
なんかタバコのパッケージ新しくなったやつだいたいダサくなってるよな。。。

で、火をつけて一息。秋の空気と一緒に吸い込んでみる。

あれっ

もう一口、、、、。



ぜんっぜん懐かしくない。笑

これはマルボロの味が変わったのか、、、。それとも俺が味音痴なのか?
はたまた、東京の風と兵庫の風とは違うから風味も違うのか。

わからないけど今度地元に帰ったらリベンジしてみよう。

でも案外懐かしくはなんないのかもね。



最近いろんな事を忘れていく気がする。
時間は過去があるから今とか未来があるんじゃなくて、川の流れの様に未来から流れて来て、過去に消えてゆく。今も一瞬自分の周りに漂うだけて、刹那に泡となって後方へ消えてゆく。
ってのを前に聞いた。なるほどそう考えると忘れるのは自分との距離を考えると当然だ。

でも忘れたくないものいっぱいあるな〜。始めて太鼓に向かった時の事とか、一つの曲にしても、単なるメモ書きにしても、思い出せない事だらけだけど、それでも忘れたくない事はツギハギだらけでもいいからすくいあげていたい。

まあとにかく25日のイベントは必ず成功させてみせる。

もうその未来は上流から流れてきているんだろうけども、今日の台風の様に、新しい季節を自分にもたらすような、その残り香が自分にも、出演者にも、観に来てくれる方々にも染み付くようにしよう。

鼓次郎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。